ミスターインクレディブルの動画はU-NEXTにて配信中です!


※本ページの情報は30年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ミスターインクレディブルのキャラクター

2004年に公開された映画「Mr.インクレディブル」は、ディズニー/ピクサー作品の最高傑作の一つに数えられる名作で、大ヒットした映画です。

主な登場人物や日本語吹き替え版の担当声優を紹介すると、まず、様々な特殊能力をもつボブ・パー(=Mr.インクレディブル)が主役で、声は俳優の三浦友和さんです。その妻で、夫同様に特殊能力をもつヘレン・パーも主役の一人で、日本版の声は女優の黒木瞳さんが担当しています。夫妻には子供がいて、まず長女はヴァイオレット・パーといい、今をときめく綾瀬はるかさんが日本語版の声を担当していますが、彼女の美声は日本語版最大の注目ポイントとも言えます。

続いてブロンドへアが特徴の長男、ダッシュ・パーの声に関しては、俳優ではなく声優業を本業とする海鋒拓也さんが担います。なお、しゃべらない赤ちゃん(ジャック=ジャック・パー)も含めて、3人の子供はすべて両親同様に特殊能力(スーパーパワー)をもっています。

続いて敵対関係にあるキャラクターの中で一番の重要なキャラクターであるのが宮迫博之さん(雨上がり決死隊)が声を担当するシンドロームというキャラクターです。このキャラクターは、物語が進む中で、悪役として重要な役割を担いますが、表現力豊かな宮迫さんの声は、この作品のクオリティを高めています。以上が主な登場キャラクターになりますが、日本語吹き替え版では、主人公の上司であるギルバート・ハフ役で小倉智昭さんが参加している点も見逃せません。

声優(日本語吹き替え)キャスト・スタッフ

日本語吹き替え版の声優
ボブ・パー:三浦友和
ヘレン・パー:黒木瞳
ヴァイオレット・パー:綾瀬はるか
ダッシュ・パー:海鋒拓也
シンドローム:宮迫博之
アンダーマイナー:高田延彦

スタッフ
製作総指揮:ジョン・ラセター
製作:ジョン・ウォーカー
監督:ブラッド・バード
音楽:マイケル・ジアッキーノ
ストーリー監修:マーク・アンドリュース
キャラクターデザイン:トニー・フュシール、テディ・ニュートン


ミスターインクレディブル 地上波放送

Mr.インクレディブル2の「インクレディブルファミリー」の公開に合わせて地上波放送されます。

地上波放送日時:8月4日(土)午後9時~11時15分 (一部地域をのぞく)
放送局:フジテレビ系「土曜プレミアム」

放送時のCMとツイッターを連動させた<#ジャックジャックを捕まえてキャンペーン>を実施。インクレディブルファミリーのグッズが抽選で当たるという新しい試みがありました。

ミスターインクレディブル 吹奏楽

楽譜、ソロ、ニューサウンズ、youtube、吹奏楽部についてまとめます。